2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ

2015年2月の1件の記事

2015年2月16日 (月)

telepathy で遊ぼう - 手書きテレパシーのプロトタイプ

MOONPhase ver.3.0.0 で実装された telepathy 機能、面白そうですね。

うまく使えばキラーアプリができるんじゃないかという、「何か化けそう」なオーラを感じます。昨年末に ver.3.0.0 が出てから、何か作りたいなと思っていました。

ただ、「何をテレパしったら面白いのか」「そもそも、telepathy 機能って、どうすれば使えるんだろう」というところで、随分時間がかかりました。特に後者。

MOONBlock からだと、やりたいことが思いつかない。MOONBlock 経由せずに telepathy が使えるのかわからない。どう実装されてるのかな、と思って、.lib/stickerlib.min.js を読んでみたんですが、これが複数の *.js を minify してあるので、もう読みにくい読みにくい。

ここ から、ver.2.8.0 用の新規プロジェクトファイル をダウンロードして、lib/puppet.enchant.js と、lib/moon.puppet.enchant.js を読みながら、lib/stickerlib.min.js を整形して対比していけばよいことに気付いて、一気に進みました。というか、気付くまで、全然進まなかった…。

ということで、ようやくひとつ作りました。

「手書きテレパシー プロトタイプ」をダウンロード

使い方

  • シールをタップします。
  • MOON の画面上に、好きな線や文字を書きます。
  • [Clear] ボタンをタップすると、書いた線が全て消去されます。
  • [Send] ボタンをタップすると、書いた線が telepathy に送信されて、その後消去されます。
  • 直後に telepathy で受信されて、ページのストロークとして保存されます。
  • 「ひとり」で遊んでいると、自分の書いた線が保存されるだけです。

が、

  • 同時にシールを実行している人が複数いると、全員の書いた線がかぶさってきます。
  • なんてステキで、おもしろい???

実装は乱暴で、プロトタイプです。なぜプロトタイプかというと

このシール、テレパシーとして面白いかどうか、「どこのお宅にもある enchantMOON を 2 台以上」使わないとわからないんです。面白いのかな ? つまらんのかな ? Singularity かも ? とか、全然わからない。

面白いなら、いろいろ追及してみてもいいんですが、わからないので、とりあえずプロトタイプ。なので実装もすごく乱暴です。UI も最低限で、線に色や強弱をつけることもできない。telepathy のチャンネルも固定で変えられないし、lib/stickerlib.min.js を直に書き換えたりもしている。

絶対、もっと正統で、もっとエレガントな方法があると思うんですが、今回は「実装よりも体験だ」って感じです。

とりあえず思いつく遊び方としては、

同時に二人しか使わなければ、遠方の友人と、telepathy 経由で五目並べができると思います。

面白いでしょうか ?

lib/stickerlib.min.js を調べてみて

今のところ、telepathy は、Puppet と Theatre を経由しないと使うの大変そうですね。でも、ま、今回 Theatre に割り込む方法が分かってきたので、一応収穫です。

私とおんなじくらい奇特な人は、今回の zip をダウンロードして中覗いてください。lib/stickerlib.min.js を整形したのとか、書き変えたのとかも入ってますので。

ではでは。

« 2015年1月 | トップページ