2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Jruby での「超簡易電卓」 | トップページ | わき道にそれまくり : Ruby 1.9 やら TestUnit やら »

2011年7月 2日 (土)

NAS 買いました & ワナにかかりました。

これまで使ってきた IT HDD 対応 2 slot の NAS が手狭になってきていたので、機会があれば NAS を買い換えたいと思っていました。買い換えるなら 3T HDD 対応 4 slot だよね、と。

買うなら、NETGEAR か QNAP で、というところまでは追い詰めて、そのうち機会のあるときに・・・と寝かせていたのですが。

変えそうな値段になったので、買ってしまいました。"NETGEAR ReadyNAS Ultra 4" NTT-X Store でクーポン適用で 29,800 円まで下がったので。

いや、実はこの週末まで購入を遅らせていれば、更に 2,000円引きになってのですが、まあ十分に安いですし、週末をセットアップに使えたのでよしとします。上位機種の Ultra Plus なら、Atom が dual core になって、更にパフォーマンスも延びるはずなのですが・・・それほど凝ったこともしない予定なので、initial cost をケチりました。

で、早速使われずに余っていた 1T HDD を1本挿入して、起動・セットアップを始めたのですが・・・ハマりました。

何度電源を入れなおしても、"Err: could not mount root RAID d・・・" と出て、boost sequence が止まってしまう。firm ware を update しなければならないのかとも思いましたが、そもそも boot up しないと、web interface も立ち上がらないので、ニッチもサッチもいきません。

あちこち検索してしらべてみると、これは ReadyNAS の「ワナ」のひとつらしいです。どこにもはっきり書かれていないけれど、「最初に起動するとき、slot 1 に挿入する HDD に partition が切ってあると mount できない」のだそうです。

一度 HDD を ReadyNAS から抜いて、Win-XP 機につなぎ、partition を削除。改めて挿入してから ReadyNAS の電源を入れると、今度は正常に起動しました。

現在、RAID の構成とデータの移行中です。wxRuby に手をつけるのは、その後で。

« Jruby での「超簡易電卓」 | トップページ | わき道にそれまくり : Ruby 1.9 やら TestUnit やら »

PC ハード & ソフト」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。同じ罠にハマり困っていたところで、googleから飛んできました。
先人がいることと、ナレッジとしてこの記事を書いてくださったくるのはるみさんに感謝です!
m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1527616/40659063

この記事へのトラックバック一覧です: NAS 買いました & ワナにかかりました。:

« Jruby での「超簡易電卓」 | トップページ | わき道にそれまくり : Ruby 1.9 やら TestUnit やら »