2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の2件の記事

2011年7月17日 (日)

わき道にそれまくり : Ruby 1.9 やら TestUnit やら

K0000229406

ReadyNAS Ultra 4 買って幸せにはなりましたが、やっぱり環境の移行には、ちょい手間がかかりました。途中で HDD が 1 台逝ってしまったり。(いや、データは飛ばしてませんけど) 無事に NAS が動いたら、やっぱり大事なファイルだけは NTFS でもバックアップが欲しいなと、こんなもの (OWL-EADP/U3) を買ってしまったり。

4942322404769

ようやく安定して、せっかくの連休なので、キーボードに向かっているのですが、wxRuby の手前で遊んでいます。先日導入した wxRuby 導入済みの ruby (mingw32-ruby-1.9.1-wxruby-2.0.1-setup.exe) は VMware 上でいじっているのですが、この機会にメインマシン(処理能力という意味でなく、最も触れている時間の長い)Let's note R8 も ruby 1.9 にしてしまおうと。(これまでは 1.8.7)

ただ、ネックになるのが、従来は cygwin 上で ruby を install していたこと。最新の cygwin 1.7 系に update すれば、自動的に ruby も 1.9 になるのですが、cygwin が 1.5 → 1.7 で locale 周りの実装が変わってしまい、ファイル名を拾ってきたときの文字コードが変わってしまったこと。自作の ruby プログラムで一番頼りにしてるのが、ファイル名を拾って整理するものなので、cygwin 1.7 系で動かなくなりました。

とは言え、そろそろ ruby も 1.9 系に version up しておきたいので、今回は cygwin は cygwin で ruby なしに insatll, ruby は One-Click Ruby Installer で install してみました。

それでも、以前組んだプログラムは $KCODE に依存したコードがあるので、どうせ動かないだろうなと実行してみたら・・・やっぱり動きませんでした。

いつまでも 1.8 系列でやっていくわけにはいかないので、1.9 対応に書き換えることにしました。で、これまたこの機会なので、以前から導入しようと思って(だけは)いたテスト駆動プログラミング、Test::Unit の使い方をマスターしたいと思います。

ブログをはじめてから、なんとなくやる気になって、いろいろ本を買ってきてます。

Rubyベストプラクティス とか、プログラミングRuby 1.9 -言語編- とか -ライブラリ編-  とか、まつもとゆきひろ コードの世界 とか。Test::Unit の関係もあるので、本棚の奥から Rubyを256倍使うための本 極道編 まで引きずりだしてきました。

正直、ruby 1.9 には、かなり置いていかれているので、ここでキャッチアップしておきたいものです。

wxRuby は、もう少しお待ちください。(^^;;;

2011年7月 2日 (土)

NAS 買いました & ワナにかかりました。

これまで使ってきた IT HDD 対応 2 slot の NAS が手狭になってきていたので、機会があれば NAS を買い換えたいと思っていました。買い換えるなら 3T HDD 対応 4 slot だよね、と。

買うなら、NETGEAR か QNAP で、というところまでは追い詰めて、そのうち機会のあるときに・・・と寝かせていたのですが。

変えそうな値段になったので、買ってしまいました。"NETGEAR ReadyNAS Ultra 4" NTT-X Store でクーポン適用で 29,800 円まで下がったので。

いや、実はこの週末まで購入を遅らせていれば、更に 2,000円引きになってのですが、まあ十分に安いですし、週末をセットアップに使えたのでよしとします。上位機種の Ultra Plus なら、Atom が dual core になって、更にパフォーマンスも延びるはずなのですが・・・それほど凝ったこともしない予定なので、initial cost をケチりました。

で、早速使われずに余っていた 1T HDD を1本挿入して、起動・セットアップを始めたのですが・・・ハマりました。

何度電源を入れなおしても、"Err: could not mount root RAID d・・・" と出て、boost sequence が止まってしまう。firm ware を update しなければならないのかとも思いましたが、そもそも boot up しないと、web interface も立ち上がらないので、ニッチもサッチもいきません。

あちこち検索してしらべてみると、これは ReadyNAS の「ワナ」のひとつらしいです。どこにもはっきり書かれていないけれど、「最初に起動するとき、slot 1 に挿入する HDD に partition が切ってあると mount できない」のだそうです。

一度 HDD を ReadyNAS から抜いて、Win-XP 機につなぎ、partition を削除。改めて挿入してから ReadyNAS の電源を入れると、今度は正常に起動しました。

現在、RAID の構成とデータの移行中です。wxRuby に手をつけるのは、その後で。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »